4.消費税はどう計算する

【会計のきほん】4.消費税はどう計算する


2通りの計算方法があります

  消費税額の計算方法
本則課税方式 「預かった消費税」から「支払った消費税」を差し引いて計算する原則的な方法です。通常は全ての事業者がこの方式により計算します。
簡易課税方式 「預かった消費税」の計算は本則課税方式と同じですが、「支払った消費税」の計算は一切せず、その代わり「預かった消費税」に一定率(みなし仕入率)を掛けて算出した額を「支払った消費税」とみなして、簡便的に納税額を計算する方式です。「預かった消費税」のみ集計すれば計算できるので、原則課税方式よりも「簡易」な方式です。

どちらで計算してもいいの?

簡易課税方式を利用するには次の1・2の条件を満たす必要があります。

  1. 前々期の課税売上が5,000万円以下の事業者であること。
  2. 簡易課税方式を選択する旨の届出書を、前事業年度末までに提出していること。

どちらかでも満たさない場合は、本則課税方式となります。








サービスに関する疑問などお気軽にお問合わせください tel 0120-351-707 相続専用ダイヤルは0120-111-357 (平日10:00~18:00) お問合せフォームはこちら

このページのトップへ

STAFF BLOG
相続
1.生前の対策が大切です
2.セカンドオピニオンとしての活用
3.ご相談下さい!
ノウハウ 一覧
■会社設立ノウハウ
1.事業をはじめる前に
2.起業スケジュール
3.独立資源は何ですか
4.どんな事業にしますか
5.事業計画を立てよう
■会計のきほん
1.法人税とは
2.法人税の計算
3.消費税とは
4.消費税はどう計算する
サービス内容 一覧
相続のご相談
コンサルティング業務
開業支援・会社設立支援
スリーエスグループのご紹介
株式会社スリーエス ビジネスサポート
企業経営のトータルコンサルタント
株式会社スリーエス ライフサポート
医療、介護・福祉、不動産専門サービス企業
税理士法人スリーエス
税務のプロフェッショナル集団
社会保険労務士法人スリーエス Website Coming Soon
社会保険労務業務のトータルサポート企業
SYSTEM CONSULTING COMPANY