2.法人税の計算

【会計のきほん】2.法人税の計算


「利益」と「所得金額」の違い

損益計算上の利益 「利益」 = 収益 – 経費
申告書上の所得金額 「所得金額」 = 「利益」 + プラスの税務調整 – マイナスの税務調整

法人税が課税される「所得金額」は会計上の利益に税務上の調整を加えるため、会社の計算する利益と、申告する際の所得金額は違う金額になります。
(例えば、交際費のうち接待飲食費の金額により、所得金額が変動する可能性があります。)

法人税額はどういう計算で算出される?

 

法人税額=所得金額×税率

税率は資本金1億円超の大法人の場合23.2%、グループ法人税制の適用を受けない資本金1億円以下の中小法人の場合、
所得金額が年800万円相当額以下の部分は15%、年800万円相当額を超える部分は23.2%です。(2019年3月31日までに開始する事業年度について適用)

(例)会社(資本金1,000万円)の当期利益が500万円の場合
   法人税額 500万円×15%=750,000円

実際にはこちらに住民税と事業税が課税されます。(所得金額、従業員数、資本金等で実効税率は変化します。)

サービスに関する疑問などお気軽にお問合わせください tel 0120-351-707 相続専用ダイヤルは0120-111-357 (平日10:00~18:00) お問合せフォームはこちら

このページのトップへ

STAFF BLOG
相続
1.生前の対策が大切です
2.セカンドオピニオンとしての活用
3.ご相談下さい!
ノウハウ 一覧
■会社設立ノウハウ
1.事業をはじめる前に
2.起業スケジュール
3.独立資源は何ですか
4.どんな事業にしますか
5.事業計画を立てよう
■会計のきほん
1.法人税とは
2.法人税の計算
3.消費税とは
4.消費税はどう計算する
サービス内容 一覧
相続のご相談
コンサルティング業務
開業支援・会社設立支援
スリーエスグループのご紹介
株式会社スリーエス ビジネスサポート
企業経営のトータルコンサルタント
株式会社スリーエス ライフサポート
医療、介護・福祉、不動産専門サービス企業
税理士法人スリーエス
税務のプロフェッショナル集団
社会保険労務士法人スリーエス Website Coming Soon
社会保険労務業務のトータルサポート企業
SYSTEM CONSULTING COMPANY