HOME > スタッフブログ

税理士法人スリーエス STAFF BLOG

タイトル:相続税対策のはずが・・・

 近い将来、相続税の基礎控除が引き下げられることは確実です。
今まで相続税とは無縁だった人にも相続税対策が必要になってきます。しかし、相続税対策をしたばかりに借入金の返済もままならなくなったという事例もあります。

例えば・・・
事例①
A氏は千葉市の中心に土地を持っていたため、25年程前に、ほとんどを借入金により賃貸ビルを建設しました(アパート等、他の方に賃貸している建物が建てられている土地は相続税評価額が下げられるためです)。
しかし、5年程前から店子が減少し、借入金の返済にも窮し、返済の棚上げに追い込まれました。

事例②
 埼玉県のB氏は、バブル最盛期時価30億円程度の土地を所有していました。息子のC氏は、事業を展開しようとB氏に土地を担保に借入金をしてもらいました。
 しかし、C氏の事業は行き詰まり、また土地の時価も急落してしまい、破産してしまいました。

事例③
 神奈川県のD氏は、建設会社の勧めのまま、生産緑地を更地にし、賃貸用のアパートを建設しました。当初は家賃の保証をしてもらっていたものの、保証会社が倒産してしまい、家賃収入が滞り、借入金の返済に窮してしまいました。

 社会構造の変化により、事例のように遊休土地の有効活用も、処分もできないという状況にあります。しかし、そういったものにも相続税はかかってきます。
 相続税対策は社会構造の変化に合わせ講じていくことこそが重要です。

平野

DATE: 2012. 2. 16.

相続のトラブルは、他人事?

「大金持ちでもないし、相続の骨肉の争いなんてテレビドラマの世界でしょ」

と、考えているあなた、大丈夫ですか???

子だからにも恵まれ、「家族円満に過ごして相続の問題なんてないよ」
と、思っていても相続人それぞれの生活環境の変化は、相続が発生したときに、
ときとして遺産の分割について争いが生じるケースが数多く見受けられます。

実際に遺産分割の事件で取扱う財産の額は、5,000万円以下が全体のおよそ7割を占め、
1,000万円以下でも全体の3割近くにのぼります。預貯金や自宅等々、
あなたの資産をかき集めたら、この金額に近付くのでは・・・

「自分が死んだ後のことまで考えることはない」と思う人が多いと思いますが、
身内の醜い争いを避けるためには、生前にある程度の道筋を作っておくことが
大事なことだと思います。

鎌形

DATE: 2012. 2. 14.

東金児童絵画展

東金市内の小学校、幼稚園、保育園と千葉市内の幼稚園の児童に

絵画を描いていただき今月15日から展示会を行います。

 

展示会へ応募頂いた作品350点の全作品を展示しました。

 

すべての絵画が、描いてくれた子どもたちの気持ちがこもっており、

一枚いちまいの絵画から力を受け取っているような感じを受けます。

画用紙の外枠に、枝を配するなど工夫された絵画も多数あり一見の価値があります。

 

会場は、千葉県東金市1406 八鶴亭 新館さくらホールです。

八鶴亭は、JR東金駅から徒歩5分程度にある八鶴湖のほとりにたたずむ料亭で、

料理の評判も良いです。皆さんも是非お出かけしてみて下さい。

  

DATE: 2012. 2. 14.

このページのトップへ

記事のカテゴリー

カレンダー

7月 2021
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スリーエスグループのブログ

スリーエスグループ
株式会社スリーエスコンサルティング
株式会社スリーエス
税理士法人スリーエス
社会保険労務士法人スリーエス Website Coming Soon