HOME > スタッフブログ > 2012年 3月 23日

税理士法人スリーエス STAFF BLOG

2012年 3月 23日

「及び」、「並びに」

 

法律では、「及び」、「並びに」で此処の名詞を並列的にならべて連結することが良くありますが、「あれ?」と感じたことはありませんか?

例えば、山と川は、「山及び川」と及びを使いますが、山と川と海になったらどうでしょう?

①「山及び川、海」でしょうか? ②「山、川及び海」でしょうか?

正解は②です。いくつもの名詞を連ねるときは、一番最後の名詞の前に「及び」を使いそれ以前の名詞の接続には「、」を使います。

それでは、「並びに」はどう使うのでしょう。

それは、「、」と「及び」で作られたまとまりを、小さなまとまりとすると、その小さなまとまりを結び付けるのが「並びに」なのです。

 

 山、川及び海

   並びに

 土、水及び塩    という感じです。

 

これらは、すべてを並列的に並べるので比較的簡単ですが、「又は」、「若しくは」など選択する場合に使われる言葉は、読み方をしっかり押さえないと○を×に間違えてしまうこともあります。特に法律は、多くの名詞をつなげたり選択したりすることを盛り込んでいるので注意が必要です。

 

鎌形 

DATE: 2012. 3. 23.

パワーの源

仕事に疲れた時のストレス解消法 ありますか?

私のストレス解消は、ギターの演奏です。

学生時代、イーグルスのホテルカリフォルニアが引きたくてギターを始め、学園祭や地元の祭りで演奏して青春を謳歌していたのですが(年齢がばれますね・・)

社会人になり、ギターも納戸の奥にしまい込んであったのですが、2年ほど前に突然、引きたくなりギターを引っ張り出してきました。錆びた玄を張替、いざ引こうとしましたが、
   『指が動かない・・・』

20年以上、触っていなかったので仕方ありませんが・・・

しかし、1日、2日と引くたびに、指が思うように動くようになりました。「昔とったキネヅカ」?努力して、会得した技術は、体が覚えているものだと、改めて感じました。

今は、帰宅してからギターを楽しんでいます。これが、私のパワーの源です。

今後も色々なものを、経験、体得して自分の肥やしにしたいです。

鎌形

DATE: 2012. 3. 14.

相続税と贈与税

子どもに不動産や預金をプレゼントということで名義を替えると、贈与税がかかる場合があります。贈与も法律行為の1つで、「あげる」人と「もらう」人の合意のうえに成りたつものです。単に名義を替えただけでは合意があったとはいえませんが、合意の有無は外見からは不明なため、こうした名義変更が明らかになると贈与税がかかると考えて良いでしょう。相続の前に子どもに贈与した時も、単に名義の変更だけでなく、「もらった」お金を当人が管理している必要があります。通帳なりを受贈者が管理しているなど客観的な事実が必要です。

 「相続税を、軽減するために贈与したのに、結果として何にも役だたなかった」

とならないよう、注意しましょう

                                   鎌形 

DATE: 2012. 3. 1.

このページのトップへ

記事のカテゴリー

カレンダー

3月 2012
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スリーエスグループのブログ

スリーエスグループ
株式会社スリーエスコンサルティング
株式会社スリーエス
税理士法人スリーエス
社会保険労務士法人スリーエス Website Coming Soon