HOME > スタッフブログ > 税務調査【外注費】

税理士法人スリーエス STAFF BLOG

税務調査【外注費】

前回に引き続き、税務調査に関することをお話します。

課税当局と納税者側との争点が多いものの一つに、外注費の問題があります。

課税当局が目をつけるのは、いわゆる一人親方に対する外注費です。

つまり、外注費として処理しているものの実態が雇用であれば、給与に該当するというものです。

外注費か給与かは、課税仕入れか否か(消費税)だけでなく、源泉所得税にまで影響が及ぶものですが、

容易に判断できないものが多いのも実情です。

もちろん、契約書を作成する等形式的なことも判断材料ですが、実態が請負契約か雇用契約かという

実質基準にもとづいて、総合的に判断されます。

個人に対する外注費は、くれぐれも慎重におこなってください。

隈部

DATE: 2011. 10. 28.

このページのトップへ

記事のカテゴリー

カレンダー

7月 2021
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スリーエスグループのブログ

スリーエスグループ
株式会社スリーエスコンサルティング
株式会社スリーエス
税理士法人スリーエス
社会保険労務士法人スリーエス Website Coming Soon